読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書メーター 7月分まとめ

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:3237ページ
ナイス数:10ナイス

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)感想
とても流行ったが今まで読んだことがなかったので改訂版を。ファイナンシャルインテリジェンスとは、会計力、投資力、市場の理解力、法律力のこと。これらを鍛えることが必須。あと、筆者の説く精神論は、ビジネスパーソンとして身に付けるべき感性なのだと思う。世の中で成功者と言われている方たちも同様のことを言っている。大学生や新社会人が読むにはとてもいい。子供にも教えたい。また、この方は、ノーマンヴィンセントピールの系統が好きな方はオススメだと思う。親和性がある考え方で切り口が異なると思うので。
読了日:7月28日 著者:ロバートキヨサキ
負け犬の遠吠え負け犬の遠吠え感想
読んでいて辛かった…私はこの人が言う「鈍感 盛り」だし、もともと人とプライベートで会話するときなんて人の裏の真意考えないし私自身もそんなだから裏表ないと思っている。だから全然共感出来なかったし、こんな人もいるんだろうなぁと思っておしまい。
読了日:7月27日 著者:酒井順子
結局、女はキレイが勝ち結局、女はキレイが勝ち感想
新旧流行りものの本を色々読んでみようと思い手に取りました。肥大した自我 を表現した本とのレビューをどこかで読んだけど、まぁその言い方もありかなあ。内容はあくまで正論なので、間違ったことはそんなにかかれていないけど、ちとセンセーショナルな言い方に偏りすぎかなぁと思います。わざわざこの本を読まなくてもいいかな。
読了日:7月26日 著者:勝間和代
33歳で資産3億円をつくった私の方法33歳で資産3億円をつくった私の方法感想
途中で読むのをやめてしまった。この方の本はどれが読めばいいというか、この分野の本はどれか読めばいいものなのですね。ノウハウ本としては詳しいし読みやすいので、初めての方にはおすすめ。
読了日:7月26日 著者:午堂登紀雄
愛されて仕事がうまくいく女になる 43のヒント愛されて仕事がうまくいく女になる 43のヒント感想
自分の魅力って何だろう、と真剣に考えることが大事だと思った。
読了日:7月22日 著者:金澤悦子
28歳からの女のリアル28歳からの女のリアル感想
統計のまとめみたいな本でした…
読了日:7月21日 著者:山崎潤子,人生戦略会議
あなたに、大切な香りの記憶はありますか? (文春文庫)あなたに、大切な香りの記憶はありますか? (文春文庫)感想
色んな作家さんの香りにまつわるお話でした。私は石田衣良さんの夢の香りと、重松清さんのコーヒーもう一杯が好きでした。
読了日:7月20日 著者:阿川佐和子,角田光代,高樹のぶ子,熊谷達也,重松清,小池真理子,石田衣良,朱川湊人
「お金がない人」の残念な働き方「お金がない人」の残念な働き方感想
なかなか良かったです。お金持ちになるハウツーというよりも、素敵な人になるには?といった内容です。ちとタイトルがキャッチーを狙いすぎて的が外れている感あり 。仕事を自主的にやろう、まわりに優しくあろう、自信をもとう!この三本柱について行動指針を述べていました。
読了日:7月18日 著者:田口智隆
妻を社長にしてワンルーム経営妻を社長にしてワンルーム経営感想
ノウハウ本。成功している方の本の詳細なノウハウなので、始めたい方にはいいだろうと思います。私はここまで各論的なものを読みたかったわけではないのであまり興味なかったですが。
読了日:7月18日 著者:台場史貞
11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業感想
わかりやすく、読みやすい本でした。経済の授業と謳っているが、そんな堅苦しくないし、バフェット氏もしくは著者の実体験をもとに書かれているので説得力があります。最初の一冊におすすめ!
読了日:7月14日 著者:田口智隆
週刊ダイヤモンド 2016年 6/4 号 [雑誌] (ファイナンス力の鍛え方)週刊ダイヤモンド 2016年 6/4 号 [雑誌] (ファイナンス力の鍛え方)感想
特集は財務三表の読み方とかとか。今回は手元においておきたいとおもえた。
読了日:7月14日 著者:
冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)感想
個人的にあんまり好きではなかった…読ませる文章だとはおもうし、読みやすい。でも行間から漂う鬱々とした曇りの日のような気分の優れなさが最初から最後までずっとあって、読後はなんだかなぁって気分だった…
読了日:7月13日 著者:江國香織
守護霊インタビュー ドナルド・トランプ アメリカ復活への戦略 (OR books)守護霊インタビュー ドナルド・トランプ アメリカ復活への戦略 (OR books)感想
内容が薄かった…トランプ氏の本を読んでいれば、この本は読まなくて良い。トランプ氏を知らない人にいい人だと印象づけたかったのか…?それならこの本を出した意義がわかるが。トランプ氏が強いアメリカを目指していること、そしていい人であること(笑)がわかりました。
読了日:7月13日 著者:大川隆法
大川総裁の読書力 (OR books)大川総裁の読書力 (OR books)感想
精読する本と速読する本とを意識せよ。知っていることが増えれば、本が早く読める。ということが書いてあった。
読了日:7月12日 著者:大川隆法
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール (アスカビジネス)あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール (アスカビジネス)感想
負けない投資をするためにはどうするか?という本。初歩的なことを丁寧に、 印象。投資関係の本二冊目以降の方には別に読まなくてもいいのではないかと思う。
読了日:7月11日 著者:尾上堅視
お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方感想
生きたお金を使え、という言葉が非常に心に残った。また、お金を使って周囲に貢献しようということとか、価値を提供して喜んでもらったことのリターンとして自分の手元にお金が来るのだということが私の最近の考え方とマッチしていたため、この人の本を他にも読んでみようと思った。 具体的なお金の使い方も書いてあるので、上記の考え方が合いそうな方は読んでみてもいいと思う。
読了日:7月10日 著者:午堂登紀雄

読書メーター